今週の展示(7/8-14)

2019年07月08日(月)〜07月14日(日) 10:00〜20:00
ササユリカフェ/ヨロコビto/数寄和/壽庵/うつわどころくるみ/FALL/Doodle/HAPA HAPA/URESICA西荻各地

イベントの概要

ササユリカフェ(西荻北3-16-6 4F) かりや展 2019年5月30日(木)~8月19日(月) 11:30-20:00 ※毎週火曜日・水曜日 定休 「漫画からでてきちゃった話」の原画・監督、「ブレイドスマッシュ」オープニングムービーの作画監督、連続テレビ小説「なつぞら」のオープニングアニメーションでキャラクターデザイン・原画・監督を担当した刈谷仁美さんの初の個展を開催! 展示では学生時代からの刈谷の創作活動(陶芸、油絵など)に加えて、「ブレイドスマッシュ」や「なつぞら」オープニングアニメーションの原画、資料など。また個人的ならくがきやアニメーター寮時代に描いたイラストや「なつぞら」台本表紙のイラストやラフなどを予定。 販売物としては刈谷仁美の絵が使われた商品を全国からお取り寄せして販売予定。 (届き次第順次、商品が増える予定です) ※注意※ 本展示の期間中は、終日立ち見営業となります。 お食事やデザートなどご提供できませんのでご了承ください。 【刈谷仁美(かりやひとみ)プロフィール】 2017年、東京デザイナー学院卒業、以降アニメーターとして活躍。 ★2017年 卒業制作『漫画から出てきちゃった話』 学内優秀賞 代表作品に選抜 インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)観客賞3位 2017年度 第六回・新人アニメーター大賞 大賞受賞 ★2019年 「東京アニメアワードフェスティバル2019」アニメ オブ ザ イヤー部門・個人賞受賞。 「ブレイドスマッシュ」オープニングアニメーション公開 (作画監督) 連続テレビ小説「なつぞら」タイトルバックアニメーション公開 (キャラクターデザイン・全ての原画・監督) https://nishiogi.guide/store/17 *** ヨロコビto Gallery Cafe Artcard(西荻南3-21-7) えんどうゆりこ展『やまだらのはら』 2019年6月26日(水)〜7月14日(日) 平日12時〜20時 
土曜11時〜20時 日曜祝日11時〜19時
 月曜休 えんどうゆりこが描く山は、やさしく、大きく、おだやかな波のようだ。ゆるやかな稜線は私たちを守るように包み込む。えんどうはふるさとの山や、その裾野に広がる野原や花々、そこで暮らすいきものたちに目を留める。そこから離れ、それらが思い出になっても、記憶を辿るように丁寧に、形を確かめながら大切に描線を繋ぎ、細やかに色をのせていく。 https://nishiogi.guide/store/98 *** 数寄和(西荻北3-42-17) 日本画三人展 7/ 6 (土) – 14 (日) 12:00 – 19:00 無休 東京藝術大学博士課程 修了者2名と在籍者1名による日本画グループ展です。 日ごろの研鑚の成果をぜひご高覧下さい。 【出展作家】 石原 孟 杉山 佳 福山 一光 https://nishiogi.guide/store/110 *** ギャラリー壽庵(西荻北4-5-22) 話の片隅 本多厚二作品展 7月6日(土)~ 7月14日(日)11:00-18:00 結末を求めずにつくる。 モノ、素材はそれぞれ経験をもっていて 自然の営みや道具の一部としての彼らのかたちにはそれぞれの理由があるようです。 架空の記憶を散歩するように、正解のないパズルをたのしむように工作し出会いや別れのなかで、ものたちが何者かになろうとする瞬間にはすでに散歩者の手を離れて、語りはじめる言葉はやはりそれぞれです。 しあわせな「あそび」の時間と、ちいさき彫刻たち。 https://nishiogi.guide/store/121 *** うつわどころくるみ(上荻4-23-11) 癒しのときに 宮本めぐみ 小川綾 7月13日(土)~7月21日(日) 7月16日(火)定休 12:00~19:00 *最終日は17:00まで 作家在廊日:7月13日、14日 仕事後や休日の大切な休息のひとときのために。 さわやかな青と白のマグカップや花器など、夏の癒しのときを過ごすアイテムを集めました。 https://nishiogi.guide/store/318 *** FALL(西荻北3-13-15) みはにのいろいろ展 vol.9 あんな染 こんな染 MIHANI 2019 | 7 | 10 WED → 7 | 14 SUN OPEN 12:00 - CLOSE 20:00 主にシルクスクリーン技法で染色し、オリジナルの布をつくっている MIHANI(みはに)による個展「みはにのいろいろ展 vol.9」です。 MIHANI の多面的な活動が見られる展示となります。 MIHANI みはに 染色家、岸本かやと鹿児島丹緒子によるユニット。シルクスクリーン手捺染、注染、型染めなどでさまざまな技法で布を染める。現在、埼玉県所沢市の工房にて製作中。11年よりFALLにて毎年「みはにのいろいろ展」を開催。国画会会友。2016年「工芸部奨励賞」受賞。 https://nishiogi.guide/store/24 *** ギャラリーとカフェDoodle(西荻北5-22-6) Da raccana 額縁専門店の作るミニ額縁だけの展示販売会 7/1-14 10:00〜18:00 火水休 オーダーメイドの額縁の端材を使ったDa raccanaさんオリジナルのミニ額縁はどれも世界にたったひとつしかできない一期一会の額縁です。小さなフレームとはいえ、作品も空間も引き立ちます。端材だからこそのコストパフォーマンスでご提供いただいています。本当は高価な額縁の一部の端材たちを使ったミニ額縁はやはりとても神々しいです。 https://nishiogi.guide/store/65 *** HAPA HAPA(西荻南2-24-7) HAPA AFRICA vol.1 ~動物の肖像画家 エリジャ・オーコ 展~ 6月28日(金)~7月15日(月) 12:00~19:00(火曜定休) ※最終日は17:00までとなります。 現代アフリカンアート展第1弾。 野生動物のポートレートを描き続けた、ケニア出身のエリジャ・オーコにスポットを当ててご紹介します。 真っ青な青空をバックに描かれた、印象深い表情の動物たち。 世界でも類を見ないオーコのアート世界をお楽しみください。 協力:多摩美術大学美術館、フリーダ・ジャポン エリジャ・オーコ(Elijha Ooko) 1968年生まれ、ケニア西部・シアヤ地区出身。86年に首都ナイロビに上京し、89年より絵画制作に従事。 91年、ナイロビのギャラリーで初の展示会、94年には丸亀美術館で作品展示とアーティスト・イン・レジデンスを行う。 https://nishiogi.guide/store/146 *** URESICA(西荻北2-27-9) 杉山巧 個展「sundust」 2019年 7月11日(木)~22日(月) 休み(close):16日(火)、17日(水) 営業時間(open):12時~20時 本の装画などで活躍するイラストレーター杉山巧さん。ウレシカでは初の個展。 筆を使わず描く独特のタッチが印象的です。 動物モチーフを中心にした描きおろし作品を展示販売します。 杉山巧 イラストレーター/1983年生まれ。静岡県出身、東京都在住。 第134回ザ・チョイス準入選、第141回ザ・チョイス入選、08年、荻窪「ひなぎく」にて初個展。15年、HBギャラリーにて個展。HBファイルコンペvol.26「鈴木成一賞」受賞。現在紙媒体等にて活動中。 https://nishiogi.guide/store/111